天然素材のジュート(麻)について

ジュートの種まきから刈り取りまで

 
写真提供はバングラデシュの現地の村より Poto by Taka

 

バングラデシュの名産であるジュート(和名 黄麻)は、8月の頃に収穫の時期を迎えます。
2月〜5月頃に種をまき、6月から9月頃に刈入れをします。

一年草で、亜熱帯の太陽エネルギーをたくさん吸収して、いっきに大きくなります。 ジュートは普通の植物に比べ二酸化炭素を5〜6倍も吸収する地球環境にとてもやさしく優れた植物です。
 

ジュートの刈り入れ


刈り取りの後は、12〜25日間水中に侵漬し茎の皮を分離します。
(水に浸して発酵させて一枚ずつ皮を剥ぎます。)

この皮をよ〜く水洗いしてから、また、干してジュートの繊維をつくります。
収穫時期によっても繊維の質が変わったりします。
 

ジュートの特徴

  1. 焼却処分しても有害な物質がでません。
  2. 粉砕して肥料にすることもできます。
  3. 土中に埋めた場合発酵し、バクテリアによって完全に分解されます。
  4. 一年草で資源は無尽蔵です。
  5. 光合成旺盛な植物で二酸化炭素吸収力が普通の木より5〜6倍あり地球温暖化を抑制してくれるエコなすぐれものです。
 

ジュートを干しています

ジュートを干しています。

ジュートを干していますジュートを干しています


ジュートの染色

ジュートの染料は天然素材のザクロや木の樹脂、石を砕いたものから作られます。 自然の中に無い色は化学薬品を使用しますが、人体に影響のないと言われる アゾフリーのものを使用しています。

生産者 バングラデシュ・ルードプールの職人

バングラデシュ・ルードプールの職人

ルードプールの職人

バングラデシュの生産者にとってジュートは自然の恵みです。この材料を使って昔ながらの製法でジュート製品を手作りして生活の糧にしています。

ジュートのハンドクラフトづくりの村のひとつ。バングラデシュ北部の村ルードプール。
この村では、昔ながらの手法で、素朴でざっくり風合いのある手織りのジュート生地を
織ります。


 

バングラデシュ・ルードプールの職人
 

 

機械で織ったジュートは、たくさんありますが 手織りのジュートの生地は手間暇と
技術が必要なためたくさんとは市場に出ない、この土地ならではのハンドクラフト生地です。
 


Ajeeのジュートバッグについて知っていただいこと

ジュートバッグ

Ajeeのジュートバッグ

ジュートは天然素材のため、自然の匂いが残っている場合がございます。
特に配送直後は密封されているため、通常より匂いがある場合が多いです。
お使い頂いているうちに薄れて参ります。

天然素材を使用したハンドメイド製品のため、一つずつ、形や色が微妙に違う場合がございます。あらかじめご了解ください。
天然染料を使用しているため、ご使用されるうちに色が薄れる等の風合いが出て参ります。あらかじめご了解ください。

天然染料については、こちらから参照できます。

ジュートバッグを作成する生産者の皆さんの動画

バングラディシュの生産者の皆さんがジュートバッグを作るところを撮影しました。